2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

歩き方を変えましょう

フィジカル

こんにちは、チコットです!

日中涼しくなってきたのでそろそろ歩くペースを上げて運動量を増やしてもいいでしょう。

でも時間ないし体力無いから長く持たない?

では歩き方を変えて運動効率を上げるのは如何でしょう。ポイントは<膝の使い方>と<地面のけり方>です。

歩く時間が無い?じゃ通勤時間をウォーキングにあてませんか。

そのためにシューズ・バックを新調してもいいですね。通勤用にウォーキング要素を加えましょう。

膝は進行方向にまっすぐ&少し高く上げる

大げさに言うと膝を振り上げることで、運動エネルギーが上向きに発生してその勢いで膝から下が前に強く出ます。だから自然に少し歩幅が広がりますし、足が上がるので躓きにくくなります。膝をあげようとすると足の付け根や下腹部の筋肉を使いますので代謝も良くなります。

膝は進行方向にまっすぐに出します。そうすることで足の長さ限界まで伸ばして遠くに着地できます。ガニ股になったら足を延ばしても進行方向からそれちゃうんで着地距離が短くなっちゃいますよ。

更に付け加えると膝はまっすぐよりもちょっと内側に入るくらいにすると、少しひねる動作も加わることで前に進む勢いが加速します。

足の親指で地面を後ろに飛ばす

振り上げた足が着地して歩きはじめて最後に地面から足が離れるときも大事です。

この地面から離れるときに、足の親指で地面を後ろに軽く蹴ってください。イメージは

<足の親指を地面に引っ掛けてふくらはぎの筋肉を使って後ろに飛ばす>ような感じ。

蹴った勢いが速度を上げてくれますし、その勢いを使って<膝をあげてまた足を前に出していく>っていう連携が上手にできると、歩き方がさらに効率的になります。それで短時間で距離も伸びます。

なお蹴るのは軽めでいいです。無理に強くすると歩くリズムが取りにくくなるし、疲れてしまいます。あと雨上がりには泥はねに注意してください。

通勤&普段にも使えるウォーキングシューズを新調する

歩く時間が取れないなら通勤用シューズをウォーキング向きにして、会社の往復をウォーキングにしましょう。シューズは通気性のいいものにしたいのですが普通のメッシュ生地では雨の日の通勤には向かないのが難点です。大雨では撥水スプレーも厳しい。

だからレザーかビニールレザー。色は・・・黒が無難です。これならスーツにもジーンズにも合います。レザーでもウォーキング用なら通気性は考えられていますし、あとは100均の撥水スプレーを吹いておけば完璧です。

通勤バックもリュックに変更

片手にバック持ってると、歩きにくいです。

ここはひとつ、普通の通勤バックっぽいけどリュックにもなるタイプが欲しいですね。お堅い客先に行くとか職種によっては<普通の通勤バック>に見えるのが大事ってこともあるでしょうから。

サイズは出来るだけ小さく。「汗かくから着替えを入れたい」とか「出張用にも」なんて思って大きいの買ってはダメです。背負えるとはいえ、大き過ぎると普段使いするにはしんどくなってしまいます。そうするとウォーキングもしなくなっちゃって逆効果です。

ノートPCと薄手のタオルが入れば十分です。

まとめ

普段の生活で運動量を増やす方法として

  • 通勤をウォーキングにあてる
  • ウォーキングで足をあげるときには膝を進行方向へまっすぐに高く上げる
  • 足の親指を地面にひっかけて後ろに軽くける
  • シューズとバックもウォーキング向けに変える

いかがでしたか。秋から春までの3シーズン、一工夫してウォーキングを楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました